2006年11月29日

その後


空豆、昨日からとても元気。

おとといまでの元気のなさは一体何だったの?夢だった?幻だった?
ってくらい。

昨日朝のお散歩、
始めは座り込んで歩かなかったがワタシがちょっと強引に引いたら
スタスタ歩き出した。

その日の夕方のお散歩なんて最初からシッカリ歩く。

久しぶりのお散歩で気がまぎれたのか、
傷口を気にする様子も舐める事も減り
それと共に傷の赤みも少なくなった。
明後日の抜糸まで大丈夫そうだ。

今朝も元気。

お散歩は退院翌日行ったが
それ以降すぐに座り込むようになったのでお休みしていたが
今思えばそれがよくなかったのか?


もしかしてちょっと過保護だったかも。


コメントいただいた皆様の言うとおり、
ワタシの心配が伝心したのかもしれない。


久しぶりの子育て、気持ちが入りすぎた。

いかん、ちょっくら余裕を持たねば。




術前の写真だけど今はこんなカンジで元気ぃ〜↓         
P1020517.JPG P1020481.JPG



さて、

今回空豆の手術に際しては
皆さんの励ましやアドバイスが
随分とワタシの救いになりました。

ダンナには三つ指ついて頭を下げ感謝したことなど一度もないが
皆様にはキッチリ三つ指ついて頭を下げ感謝したいと思います。

本当にありがとうございました。

で、ついでにこれからもヨロシクお願いいたしますぅぅぅ〜


               P1020418.JPG                     
                 「み、三つ指つけねぇ・・・」



つけるワンがいるのか?



                               

ニックネーム 空豆母 at 21:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

術後


術後の空豆、ちょっと元気がない。

P1020641.JPGP1020642.JPGP1020645.JPG


退院した日は傷口もさほど舐める事もなかったが
次の日は元気でお散歩はしたものの傷口を気にする様子。
そして翌々日から歩いてもすぐに座り込むようになった。

でもソファに飛び乗ったり飛び渡っていたりするところを見ると
足が痛いとは考えにくい。
家族が帰ってくると大喜びして走り寄るのは変わらない。

以前バリカン負けしたときにお座りして歩かなくなったことがあった。
今回も傷口を舐める、というよりもその周囲を舐めているカンジ。
やっぱりバリカン負けなのかな?
だったらそんなに心配しなくていいのかもしれないけど・・・
術後ってこんなモンなのかな?


素人判断だが
傷口は少々赤いが膿んでいる様には見えない。

P1020636.JPG

痛いのかな?痒いのかな?

食欲は変わらずガッツリ。

でもやっぱり心配。

あんまり元気がないようなら
明日にでも病院へ行ってみようかなぁ。


いざとなったら役に立たない母。

ごめん、空豆。情けない母で。

              

                P1020640.JPG
                   「オレ、疲れてるかも」

                                

早く元気になっておくれ。




                                

ニックネーム 空豆母 at 19:44| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

シアワセ

空豆が帰ってきた。

P1020569.JPG


迎えに行くとエリザベスカラーを巻いて出てきた。
ワタシに絡みつきたくてどうしようもないのだが
カラーが邪魔をする。
「傷口を舐めないようなら外してもいいですよ」
と言われたが、
コイツが舐めようが舐めまいがワタシは車に戻ると速攻外した。

そして熱いハグ。(他人がみれば怖い)

が、がんばったぞ、空豆。
さあ、お家へ帰ろう。


帰るやいなや、大量のおしっこ。

P1020565.JPG←それも外してるって・・・(泣)

我慢してたのかな?
そしてお水を沢山飲む。

しばらくハイテンションでワタシに飛び掛る。
そしてワタシも飛び掛る(ウソ)
1号がりんごを食べだすときっちりお座り決行。

P1020621.JPG「わーい」P1020613.JPG「うめー」

よかった。いつもの空豆だ。

カラーはまた舐めるようならつけよう、と思っていたが
舐める様子がないのでとりあえずそのままで様子をみることに。
にしても色気の無いカラーだ。

P1020626.JPG

PoppyちゃんPIGMONくんのカラーは可愛かったのにぃ。
後でゴールドに染めてやろう。


しかし、ほんとに元気でよかった。
傷口にはデカいバンドエイドが貼ってある。
抜糸まで10日前後。
それまで何事もなければいいな。 



あー、にしても長い一日だった。
ワタシは心労のあまり風邪を引いてしまいました(そのせいではないと思われる)

空豆がいない一日。

床に物が落ちていると空豆が咥えるからと拾ってしまう、いないのに。
食べ物をテーブルの中央に寄せてしまう、いないのに。
人が来たら飛び出さないようにしなくては、とすぐに考えてしまう、いないのに。
帰ってきたワタシがドアを開けると喜んで駆け寄ってくるぞーと期待してしまう、いないのに。

空豆がいない我が家。

ありえん。

普通でないことに気がついた。

空豆がいて普通の我が家。

今日からまた普通に元の生活。
なーんだ、普通か。

でもその普通がなんだかうれしいぞ。

シアワセってこんなもんか?
こんなもんなんだろう。いや、こんなもんでいい。

ワタシはシアワセだーっっ!


 P1020628.JPG
「ごはんがあればオレもシアワセ」


                     ホントは

お肌が若返り、ダイエットが成功し、若いツバメ(古い言葉だ)が出来たらもっとシアワセ。                     
                                                        
                           
                
                 P1020622.JPG
                   「いい加減にしろー」


へっへっへー。


                                
ニックネーム 空豆母 at 20:59| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

考える

空豆が今日去勢の手術のため入院した。

空豆の病院は避妊、去勢手術でも一泊入院が規定。
術後経過を見るために、一泊してもらう、とのこと。

確かに安全かもしれないが
空豆の精神的負担を考えると
すぐに帰って養生した方がいいのではないか、と思ってしまう。

しかし、だからと言って慣れた病院を変えるのもどうかと思い、
やはりいつもの病院にお願いする事に。

なのでワタシは今どうしようもなく不安の真っ只中。
ブログどころではないけれど
書かずにはいられない、という思いも・・・。


ワタシが空豆の去勢手術を悩まなかった、と言えばウソになる。


去勢、避妊手術には賛否両論がある。
反対、賛成、
どの意見も間違いではないのだろう。
メリットもあればデメリットもある。
施術そのものも全身麻酔だし、メスを入れる事に間違いはないのだから
怖いといえば怖い。


ワタシは空豆の飼い主として、親として、
彼にとってどちらが幸せなのか、考えた。


男の子の場合、
マーキングが減る、性格が穏やかになる、など
性格的な改善が望める場合がある、という。

だけどワタシはそんなことは何一つ望まない。
マーキングをしまくっても、少々いたずらが過ぎても
わたしはかまわない。
だって今の空豆が大好きだから、それで十分だから。

でも、
そんな空豆と一時でも長く一緒にいたい、
それを考えた時、
手術を受ける事によって
男女特有の病気の罹患がかなり防げるなら、と思った。


空豆がお年頃になった時のことも考えた。
人間もそうだが
やはり他人(他犬)に迷惑をかけてはいけない。


手術なんて「かわいそう」と思う。
けどそれだけでは済まされないものがあるのではないか、と感じた。

しない選択もあるだろうしそれが決して間違いではないとも思う。
しかしワタシは以上のことを考え手術を受けることにした。


あ、エラそうに語ってしまいました。
しゅみましぇ〜ん。



ワタシは手術そのものよりも
ワタシ一筋の(勝手な思い込み)空豆が
一泊入院する、という精神的負担の方が心配。
それとワタシの精神的負担も。(それはなんとかしろ)

空豆の病院は家族も一緒にお泊りが出来る特別室がある。
一緒に泊まりたーい!
が、もっと重病の子もいるだろう。
とても頼めなかった。
せめて慣れたバリケンを持ち込もう、と思ったが
何せデカイ。
これも迷惑かと思い諦めた。
なので母の臭いのついたタオルケットを持たせた。
しかしコレが役に立っているのかどうかは定かではない。



明日は朝一番でお迎えに行くぞー。
待っててね。



今日はオチを考える余裕はございません。

     

            P1020466.JPG
 



                                
ニックネーム 空豆母 at 21:08| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

雨の日

今日は午後から雨。

雨の日のお散歩は
毎回出足が鈍い空豆。

レインコートの元を取らねば(←どケチ)、と
母は無理矢理歩き出す。


P1010672.JPG ←迷彩柄コート

            
            なので
 
               
            061119_1627~001.jpg ←コンバット空豆


でもすぐに慣れて空豆も歩き出す。

楽しいよね、雨の日のお散歩もたまには。


061119_1620~002.jpg 「ピッチピッチ」

       「チャップチャップ」 061119_1621~002.jpg

061119_1634~002.jpg 「ランランラン♪」



母はタップダンスでランランラン♪(古すぎ)



PS:携帯画像ゆえブレブレ、許したもう。

                               
ニックネーム 空豆母 at 18:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

しつけ: 「待て」続編

先週と今週としつけの先生に出張レッスンに来ていただいた。

今の空豆の様子は、というと・・・

お散歩時、以前よりもずい分おりこうに歩けるようになったとはいえ、
まだまだ引っ張るられることも多い。

しかーし、
昨日のレッスン、
まるで借りてきたネコ、羊の皮をかぶった狼状態。
すごーい、いいこちゃんでデモンストレーションのような歩きっぷり。
先生もべた褒め。

P1020033.JPG「ま、こんなもんですな」

「せ、先生、いつもはこんなんじゃぁ・・・」
「そうですかぁ?」

いつもと同じ散歩コースだが
時間帯が違ったためなのか、はたまたワタシの緊張がわかったのか
まさか、3番目ゆえの要領のよさなのかっっ?

先生がおっしゃっていたが
レッスン後2〜3日は魔法がかかったようにおりこうになるワンコが多いのだそうだ。
空豆は次の日で魔法が切れる。
一生かかったままだといいのに。
ま、それを目指して訓練してはいるのだが。


で、今やっている「待て」の訓練その後。
外での「待て」がかなり出来るようになった。
あとはいろいろな場所でも出来るように、ということ。

だからといって呼び戻しが出来るか、といえばまだムリ。
来い、といって飼い主のところに来ると
いいことがある、と思ってくれるようにするのだそうだ。
だから来い、といって叱ったり怒ったりは厳禁だそうだ。
そうか、気をつけなくっちゃ。

そういえばムスコ達にはいちいち呼びつけて
怒る事が多々ある・・・
これも直さなければいけないのだろうな。

もう鬼母はやめよう (ムリだと思います by 1,2号、ついでに3号)


   P1020387.JPG「ムリムリ」


ほんと、犬育て、まったく子育てと同じ。
空豆が我が家に来てから気がつかされることがたーくさんあった。
(その後改心したかは別問題)


これからもいろんなこと教えてください、空豆。

          P1020148.JPG「名犬は多くを語りません」



名犬じゃないから。



                                

ニックネーム 空豆母 at 18:47| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

避難

ワタシは鬼嫁でもあるが鬼母だったりもする。

なのでいつも事あるごとに1号2号を大声で怒鳴っている。
ワタシは1号は3分、2号は3秒で泣かせる自信がいまだにある。(どんな自信だ・・・by1,2号)

またタチの悪いことにワタシの怒りは一度始まったが最後、
とどまるところを知らない。
どちらかといえば1号を怒鳴ることが多いのだが
そんな時2号はそそくさと自分の部屋に篭る。


ある日またまた1号に立腹したワタシは
大声で怒鳴り始めた。

ほとぼりが冷めだした頃
あれ、今までここにいた空豆がいない。

どこだ?
あーら、ハウスだったのね。

P1020335.JPG「また始まったよ・・・」

なんで?
そんなに怖かったんだろうか・・・
ワタシ、フクザツ・・・

それに空豆、最近2号に似てきたような・・・。
2号はワタシのお友達にも「空豆に似てるね」なんて言われることが多い。

・・・3号はまぎれもなくワタシの子、なのね。

P1020304.JPG   P1020317.JPG
    「アナタの子?」           「オレ、フクザツ・・・」


昨日は1号にやさしく説教?していただけなのに
気がつけば空豆はハウスにいる。

確かにバリケンのサイズを大きくしてからはよく入ってはいるのだが
そんなに逃げんでも・・・

今日も気がつけばバリケン。

はっ、ワタシまた怒ってた?


P1020334.JPG「シワ、増えますよ」



ほっとけ。



                                                              

ニックネーム 空豆母 at 21:21| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

セーター

編んでみました、セーター。

P1020299.JPG

誰の?って、そりゃ決まってますがな、
マイ スゥィ〜ティ〜、キュ〜ティ〜の そ・ら・ま・め・ちゃんのよっ♪

お見せできるほどのシロモノではないが
なにせ自己満足ブログなのでアップをお許しください。

どお?どお?

P1020284.JPG P1020285.JPG

しかし、
かなりいい加減な作りなので
やっぱり袖口の位置がヘンだった・・・
ま、いいや。

にしても空豆のヤツ、
母さんが夜なべをしてせっせと編んだだ(ウソ)セーターを
咬みやがった。
脱がせてからもなぜかワタシが持っているこのセーター目がけて
飛び掛ってくる始末。
そんなに咬みたいのか・・・悲しすぎるぞ・・・

やっぱりここはおとなしくWaccoブランドの服を着せておこう。
だってWaccoさんちの服、咬まないもん。
空豆も着心地の違いがわかるのねー


さて、話は変わりますが
先日注文したクッキーのお試しセットが「ポチのおみやげ」から届いた。

header1.gif

このお店、実はワタシの友人が勤務しているお店。
かなりのこだわりで作ったクッキーやおせんべい、ジャーキーなどを販売しています。

今回注文したお試しセット↓
TR02001-1.gif
ギフトボックス↓
GF03002-2.gif

けっこうな歯ごたえのあるクッキーだが
空豆は気に入って食べている(気に入らん食べ物があるのか?)

興味のある方、ぜひお試しアレ。


P1020289.JPG「早く脱がしてクッキーくださいよ」



・・・お願いだから着て。



 --------------------------------------------------------------

※ 先日の日記「動機」で文の誤りがありました。
  「盲導犬は1歳から。本格的に訓練をするのは2歳から・・・」
  ではなく
  「盲導犬は1歳から。本格的に仕事をするのは2歳から・・・」
  のマチガイでした。
  すみましぇ〜ん


               「まったく。気をつけてくださいよ」P1010547.JPG




                                





ニックネーム 空豆母 at 22:16| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

里帰り

先日の関西や関東でのコッカプーの集まりを
指を咥えて見ていたワタシ・・・
いいなーいいなー

そんなカワイソウ(そうか?)なワタシは
ある一大決心をした。

そうだ、里帰りしよう、と。

メールを風の家へ送ろうと思っていたその時
スニさんちのひまわりちゃんがお里帰りをするとのこと・・・!

これは便乗するしかあるまい。


しかしわたしには一抹の不安が・・・

空豆はまだよそのお宅にお邪魔した事がない。
トイレは大丈夫なんだろうか?
いたずらはしないだろうか?
etc....

本当は空豆が「名犬」になってからお邪魔させていただこうと思っていたのだが
コイツが名犬になるのを待っていようもんなら
ワタシが生きているかどうかも分からない。

なのでこのさい強行突破。

名犬でなくても
そこは空豆のキュートな瞳でカバーさせてもらおう(出来ない)


と、いうワケで行ってきました、風の家。
ぃやっほぅぅ〜! 

kazebanar2.gif

約5ヶ月ぶりに会う風の家のママさん、パパさん、お子ちゃまたち。

人好き犬好きの空豆のことだ、
ウレシさのあまりママさんに飛びつくとワタシは予想していたが
見慣れない場所だったせいか、ママさんに近寄らない。

な、なんて恩知らずなヤツだ・・・育ての親だぞ・・・

ワタシは感動のご対面を期待していたが
もろくも崩れ去った・・・

ママさんゴメンなさい、愛想のないヤツで。

お家にお邪魔させていただいき、風の家わん軍団の歓迎を受けた。
相変わらずキュートな面々。なんて愛想がいいのかしら。

そしてスニさんちのリラちゃん、ひまわりちゃん姉妹。
ほんっと、おりこうさんなリラちゃん。
そして抱っこ大好きラブリ〜ひまちゃん。
おそろいのワンピがとってぇ〜もお似合い♪

P1020201.JPG知らぬ間にお姉さんの背中に乗っていたひまちゃん

皆様と触れ合えるこの機会、
ありがたいの一言。

P1020206.JPGP1020203.JPGP1020210.JPG


あぁ、なのに空豆ったら
やってしまいました、粗相。それも数回。

そしてまたおやつに頂いた豚耳、人の分まで食べちまって・・・

そんな空豆を風の家のママさん、パパさん、
あたたかぁ〜く見守ってくれました。

まったく感謝、感謝、です。

P1020249.JPG蜜柑ママと

こんな空豆と母ですが
また行きたいのでよろしくお願いしますだー(どこまでもずうずうしい親子)

ありえんほどカワイイベイビーズ、つくちゃんの子育て中、アーップ!

P1020220.JPGP1020217.JPGP1020221.JPG
                 し、信じられん、このかわいらしさ・・・

P1020239.JPGつくちゃん可愛い顔してシッカリお母さん


うん、今日ワタシはいと満足ぢゃった。

          


          P1020148.JPG
    「オレも満足ぢゃった。豚耳いっぱいもらったし」


お、おいっ!



                               







ニックネーム 空豆母 at 22:04| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

名犬:その2

先日、以前見学をさせてもらった集団しつけ教室に初めて参加。

先回の見学の時は「え?なになに?」
ってカンジでちょっと集団には入り切れなかった空豆だが
今回は以外にも大丈夫。
以前会った大型犬の子たちの中に
しっぽをふりふり入っていった。
ちょっとお兄ちゃんになったかな。

P1020086.JPG P1020098.JPG


そしてレッスン開始。とりあえず先生にしつけていただく。
ワタシと少し離れたところで「待て」「つけ」のレッスン。

初めて家族以外の人間に連れて行かれる我がムスコ。

空豆、何度も何度も振り返り私を見る。
そして戻ろうとする。

が、がんばれ空豆。

母だってツライんだ・・・


また、先生もぐいぐい連れていちゃうんだな、これが。
そんな姿を見ていると
「せ、先生そんなに引っ張らなくても・・・」
と、バカな親は思ってしまう。

P1020102.JPG 連れて行かれる我がムスコ。うぅ・・


先生の「待て」の訓練を遠くから見た。

おー、待ってるよ、空豆。
エライぞ。

「来い」で先生の所へ走った・・・と思ったら
ワタシのところめがけて先生をスルー。

お、おいっ。
でもなんだかちょっぴしウレシかったりして。

一通りやっていただき
お話を聞いた。

まだ若いので、を前置きして、今の問題点。

・まだまだ回りが気になる。
・だから注意するがその注意に対してあまり敏感でない(リードを引き注意をしてもあまり効かない、気にならない、らしい)
・なのに嬉しい時の喜びようはハイクラス(←落ち着かない)


え?敏感でない?
も、もしかしてちょっとドンくさいのか?空豆。
いーや、「穏やかな子」なのだ、と解釈しておこう(どこまでもバカな親だ)

しかし、空豆の名誉のためにフォローしておくが
次の日の散歩、すごーくお利口に歩いていました。
引っ張りも少なく、くんくんも少なかった。
学習しているではないか。
母はウレシイぞー。(バカ親止まらず)

というワケで
上記の問題点を改善すべく
次回はワタシも一緒に外での出張レッスンとなった。


先生曰く、
とにかくいつ何時も、落ち着けるように、だそうです・・・

うーん、やっぱり難しいぞ。

再び、ワンコ初心者の試練は続く・・・


にしても

なんであんなに楽しいんだろう?集団のしつけ教室。
ザンネンな事にワタシの都合で毎回参加は出来ないが
出来るものなら毎日行きたいくらい。(←毎日やってはいないが)
空豆もそう思っているに違いない。
だろ?だろ?

P1020070.JPG「えっと・・・」P1020071.JPG「ビミョー・・・」



行くのよ。



                                
ニックネーム 空豆母 at 19:50| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする