2007年03月28日

誕生会

空豆、本日2回目のバースデーパーティー。

日頃の感謝の意を込めて、いつもお世話になっているエコさんと姫ちゃん、まろママさんとまろんくん、
そして空豆の先生、空のトレーナー様とお誕生会を催した。

ま、要は母たちがワンコ遊ばせ井戸端する、といった趣旨のなので
空豆のバースデーパーティーとは名ばかりの実はお茶会だったりする。

なのに皆さん気を使ってくださり、なーんとプレゼントまで用意してくださった。

    P1040897.JPG
縄おもちゃにジャーキー、クッキー from エコさん

     P1040899.JPG
フリスビー型のおもちゃ。先に食べてしまったが実おやつも頂いていた from まろママさん

    P1040900.JPG
食べかけてからの写真だがオーストラリア産ラムシャンクボーン from  空の先生


皆さん、お気づかいありがとうございました。


先生からいただいたボーン、
空豆むさぼりまくり。

P1040845.JPGP1040852.JPGP1040841.JPG


そこで事件は起こった・・・なんちゃって。

姫ちゃん、隙を見てボーンを奪う。ボー然とする空豆。
思いっきり笑えた。

P1040856.JPG →→→ P1040859.JPG 

今度はまろんくんが食べ始めた。ずい分とお気に召したようだった。
またまたじーっと見つめる空豆。
これもちょー笑えた。
写真がないのが残念。だからまったく関係ないが空豆のクレートが気になるまろんくんをアップ。

P1040882.JPG

二匹とも無理やり奪うわけではなく空豆が油断した時を狙う。
とにかく笑えた。



さーて、話はパーティーに戻る。
お茶会なるもの、当然スィーツなるものが必要となる。

皆さんにお願いしたわけではないのだが
気を使ってくださりそれぞれ持参してくださった。

じゃ〜〜〜ん。

IMG_0424.JPG シャルロットフランボワーズ

P1040863.JPG ヨーグルトポムポム

P1040864.JPG デビルスケーキ

P1040866.JPG 焦がしバターのマドレーヌ

P1040867.JPG GODIVAのトリュフ

IMG_0428.JPG 犬用 フルーツの豆乳寒天


見ているだけで腹一杯だ・・・


しかーし、ワタシ達を侮るなかれ、当然全種類お口に入りました、はい。

「これじゃ夕飯は食べちゃいけないわねっ」とお年頃(か?)のワタシ達は誓い合った。

でも・・・ごめんなさい、皆様、ワタシは早々と戦線離脱いたします。
夕方になり腹が減ってしまったワタシは食べてしまいました、夕飯シッカリと。それもたらふく。
ダイエット・・・永遠にワタシにはムリだと改めて思った本日でしたとさ。


空豆、多少の迷惑はかけたものの
それといったトラブルもなく遊んでくれていた。
あ、それって姫ちゃんやまろんくんがお利口だから、か・・・

P1040883.JPG

まろんくんとは乗って乗られて。

P1040885.JPG   P1040884.JPG

姫ちゃんはちょっと遊んでお疲れモード。

P1040888.JPG



あー楽しかった。


皆様がお帰りになり、やはり疲れ果て寝た空豆。
ま、今日はトレーニングもしたからなおさらか。

P1040895.JPG 「んごー」


母も昨日からのケーキ作りで疲れたぞ。

ビール飲んで今晩はさっさと寝る。

P1040687.JPG 「毎晩じゃんかよ」




気のせいよ。




P1040691.JPG 「うそつけ」




                        
                                

ニックネーム 空豆母 at 21:55| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

1才


空豆めでたく本日1才の誕生日。


おめでとう。


一年前そら赤.jpg →→→ P1040760.JPG 一年後 
                                                おバカに成長


そして兄妹のみんな、johanくんシフォンちゃん沙羅ちゃん
おめでと〜っ!

べいびーず.jpg 生後1か月頃。現在の様子は各ブログでどうぞ〜。


みーんな元気で1才を迎えられて何よりだっっ!




さーてと、
ウチの野郎、1才のプレゼントはコレ、
今では業界のトップブランド「Wacco!」のお洋服。

P1040735.JPG   P1040737.JPG 

お、かわいいじゃ〜ん♪



P1040747.JPG「モデルがいいから」



服がいいのよ、服が。



そんでもって母はこの日の為にレシピを研究し気合を入れ(うそつけ)バースデーケーキを作った。

P1040776.JPG 合びき肉、おからと玄米のポテトクリームケーキ空豆のせ。

なんのひねりもない料理名だ。製作者のセンスのなさが伺える。


うーん、母会心の出来・・・のはずだった。
やっぱりテキトーなレシピではテキトーなモノにしかならんのが世の常だった。
ま、食えればいっか、食えれば。


P1040778.JPG「どーでもいいから早く食わせろ」



・・・どうでもいいのね、どうでも。




1年前、久しぶりに訪れた風の家のHPでワタシたち家族と空豆は出会った。


その出会いが空豆にとって幸せだったかどうかはわからない。
こんな家族だ、空豆も文句の一つや二つ、いーや、百も二百もあるだろう。


でもワタシ達家族は確実にこの出会いで幸せをもらった。


オマエの不満をよそに勝手を言わせてもらえば
その幸せ、これからもワタシ達に与え続けてほしい。


空豆、いいかな?


P1040677.JPG 「んー」



お願いします。






         P1040677.JPG


愛しの空豆、これからもよろしく。

改めて、お誕生日おめでとう。


                    空豆父母、1&2号 より




                                

                                
ニックネーム 空豆母 at 21:22| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

洗濯物


空豆の実兄、イケメンのjohan君(ヨハンのjの字の点はハートマークが本名)が
ブログを開始!
わーい、ウレシイな♪
小さい頃からイケてたヨハン君。さらに男前に磨きがかかっているようだ。

              ヨハン君.jpg かーっ、かっちょええぜっ。


そのヨハン君がヒロヒロ☆さんのバッグを漁り、中身を掘り出すの〜
というコメントを先日頂いた。
そういえばウチの野郎も最近、いやいやかなり前から
バッグではないが同じ状況に陥っている。
もしかして皆さんも似たような経験がおありだろうか?


ウチの場合はコレ、洗濯物が入ったカゴ。↓

             P1040666.JPG


取り込んだ物をすぐにたたんでしかるべきところに収めたら問題はないのだが
怠惰なワタシはいつもそのまま入れっぱなし。
だから空豆がその洗濯物を物色するのはしょうがない。

まず1番先に咥えてくるのがワタシの下着。
種類を特定すると巷で言うショーツ、そう、、おパ○ツの類。
えーい、この歳だ、○で隠すほどの恥じらいはすでにないのではっきり言う。
「おパンツ」だ。

空豆がおパンツを咥えた可愛い(か?)画像は山ほどあるが、
世間の迷惑になると考えられの為、載せられない。残念だ。(誰が残念なんだ?)
どうしても見たいという方は個人的に連絡ください。

P1040638.JPG 「フツーにいない」



そうね。



しかしなんだな、オマエにそんな趣味があるとは知らなかった。

でも母は別に気にしないぞ。そうかそうか、そんなにワタシのおパンツが好きなのか。
可愛いやっちゃ。何枚でも持ってきなさい。(変態犬、まっしぐら)

しかしワタシのおパンツで満足している空豆がなんだかちょっと不憫だ・・・。


P1040684.JPG 「まったくです」



一生不憫してろ。



次に咥えてくるのが2号の靴下。
なので2号は「靴下が片方なーい」と叫ぶことしばしば。

P1040697.JPG 「あった」


そしてそれらを空豆がうまい具合にカゴから取り出せなかった場合は
1号やダンナの靴下で妥協しているようだ。

P1040689.JPG 「しょーがねーな」


いったい何のどんな基準で洗濯物を選んでいるのだろうか?
空豆に聞いてみたい。



P1040694.JPG 「おしえない」




けち。





                                


ニックネーム 空豆母 at 21:57| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

メガネ


うー、またやられた。


P1040662.JPG P1040665.JPG


メガネ、これで2個目。

そしてやられてしまった状況が先回と同じ。
自宅で友達と飲み会をした夜、ワタシが飲みすぎてぶっ倒れた時だ。

ぶっ倒れているからいつ盗られたのかもわからない。
気がつけば「あ〜れ〜」な状態。
ずい分と楽しんだと思われる。

P1040663.JPG P1040660.JPG


先回から約半年。

同じ過ちを犯してしまったワタシ。
学習していないワタシ。
バカ = ワタシ。

だけどちょっと今回は早すぎた。
せめて1年は使わせてほしかったこのメガネ。

ダンナも一つやられている。それも長期出張の日の朝。
彼はその日泣く泣く日本を後にしたのだった。(ちょっとざまーみろ)


そうさ、オマエに罪はないさ。
すべてワタシ達が悪いんだ。


だけど、あぁ、だけどこれ以上・・・


P1040642.JPG「ワタシにどうしろと?」



やめろよ。



P1040650.JPG「・・・」


P1040656.JPG「ムリ」




そうか。(泣



                                


ニックネーム 空豆母 at 11:25| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

寒い・・・

ヒーターを出し始めたころは近づくことのなかった空豆が
最近になって寒い日が続きだしたせいか、
朝に晩にと、どーん、とヒーターの前に寝転んで温風にそよそよ吹かれている。


朝の空豆↓

070315_0811~001.jpg 070315_0803~002.jpg 070315_0804~002.jpg


夜の空豆↓

P1040102.JPGP1040071.JPGP1040103.JPG


おぉ、これはまさしくヒーター犬。
小梅ちゃんのようだ。

しかしなんですな、こう寒くちゃワタシだって当たりたいのよね、ヒーターに。



どけよ。



P1040067.JPG 「イヤ」



無理やり追いやるがヤツも負けない。
ヒーターにぴったしくっついてくる。
おいおい、熱いぞ、そんなに近づいちゃ。

P1040118.JPG  P1040117.JPG


こんなんだからしばらくするとほっかほかのカイロ犬になっている空豆。
抱っこすると暖かい。
春までこの寒さ、このカイロで乗り切るとするか。



ヒーター前半径1mの魔力にどっぷりとり憑かれてしまった空豆でした。



とり憑つかれた空豆↓

P1040106.JPG  P1040119.JPG




気は確かか?



                                
                                
ニックネーム 空豆母 at 21:22| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

空豆と1号


1号は空豆を溺愛している。

学校から帰宅するとまず空豆は拉致される。
勉強が終わり(部屋にいるだけで勉強はしていないと思われる。まったく。)
リビングに来ると速効抱っこ。

極めつけはちょっと空豆に当たっただけで「ごめんごめん」と謝り倒す。
「嫌われたらどうしよう」なんて心配しながら。
別にそこまで気を遣わんでも。


空豆が寝ていると顔を近づけ、じぃぃ〜と見つめている。

070313_1951~003.jpg


まるで自分の子の寝顔を愛おしく見つめる父親のようだ。
この歳でそんな気分を味わってしまっていいのだろうか?
ま、いいか。

自分から率先して空豆のお世話をするわけではないが、
とにかく「愛している」みたいだ。

抱っこしながら「エ○タの神様」を見る1号。
そこですやすや眠る空豆。

P1040336.JPG   P1040339.JPG


テレビを見終わりソファを立つときはそ〜っと空豆を下ろす。
ワタシなんて「どけ」と放り投げるのに。


P1040492.JPG そしておフトンまで掛ける。


そのやさしさ、たまには2号にもわけておくれ。(そうだそうだっ。 by 2号)


でもそんな1号と空豆を見ていると
ちょびっとシアワセを感じてしまう母なのでした。

P1040478.JPG   P1040480.JPG


  





P1040367.JPG 「母も1号見習ってください」





世の中キビシさも必要なのよ。






                                
ニックネーム 空豆母 at 21:04| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

ドッグラン

アップが遅くなったが木曜日、空豆お久しぶりにドッグランへ。

IMG_0341.JPG 向う車中で (photo by まろママさん)


今回は姫ちゃんと新しいお友達、ミニチュアダックスのまろんくんと一緒だ。

P1040530.JPG 姫ちゃん P1040550.JPG まろんくん


平日午前のドッグラン。やはり最初は3匹だけ。
そのうちパグの男の子もやって来た。

P1040514.JPG  P1040525.JPG

                          
先回はドッグ“ラン”なのに全然ランしなかった空豆だったが
今回は先回よりワンコ数が多いせいかとにかく走る走る。
楽しそう。

P1040523.JPGSANY0150s.JPGP1040528.JPG
                     (↑photo by エコさん)


しかし、楽しそうなのはいいのだけれど
姫ちゃんやまろんくんに思いっきり走ってダイブしてしまう。
当然二人とも空豆より小さいので思いっきり転がってしまう。

ひ、ひゃ〜、ちょちょっと、カンベンしてよ〜
絡んで戯れるのはいいがダッシュで走ってきて飛びかかっては
体重8キロ以上の負荷がかかるだろうっっ!
空豆に注意をしてもすぐにやめるわけもなく、こちらはドキドキのハラハラよ。

そんでもってパグくんには執拗に追いかける。
パグくんは怖がってしっぽ丸めて逃げまくる。
逃げるから空豆追いかけまくる。

しばらくしたらパグくんはいなくなってしまった。
飼い主様は笑って見てくださっていたが、
パグくんはゆっくり遊びたかったのだろうに。
空豆がしつこかったのよね、ごめんなさいね。

その後も結局姫ちゃんやまろんくんには何回も何回も体当たりし、倒しまくってしまった。

挙句の果てにはまろんくんに乗っちゃってる・・・
あぁ、まったくオマエってヤツは!

IMG_0365.JPG カンベンしてほしい・・・(photo by まろママさん)


そして今度は我先におやつを頂こうとしている。↓
                  
                   SANY0151s.JPG (photo by エコさん)


後ろで姫ちゃんが呆れているよ・・・

名犬への道はとりあえず人(犬)様に対するマナーから教えなければいけないようだ・・・


ご、ごめんなさい、姫ちゃん、まろんくん。


こんな空豆だったが、それでも二人のママ達は
「たまには刺激が必要なのよ」とまで言ってくださり笑って許してくださった。
なーんて心の広い方たちなのだろう。

これからも懲りずに遊んでやってください。


ひと遊びしてカフェへ。
まったりするお三方。

P1040554.JPGP1040555.JPGP1040553.JPG


さんざん走り回り、迷惑をかけ放題した空豆は車に乗るなり爆睡状態。 

P1040557.JPG

帰宅後もずーと寝てましたとさ。 

P1040567.JPG



まったくお気楽なヤツだ。

母は心労で疲れ果て、その晩はぶっ倒れたぞ。



P1040426.JPG「ワタシは見ました、
                    アナタがあの晩ビールをたらふく飲んだとこを」




「たらふく」は言いすぎかと・・・。





                                
ニックネーム 空豆母 at 20:45| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

お詫び

前回の記事「タメになる話 :その2」で感受性の程度を試す方法についてですが、
本当は以下の方法が正しいやり方だそうです。

-----------------------------------------------------------------

再度、センシティブについて。
試し方・・・散歩のときに試みるのが最も判断しやすい。
歩いているわんこの背中を五本の指で背中の皮をクイッて感じ
で軽く持ち上げる。
あくまでも、犬が見ていないことが前提。
ちなみに、空の反応は、軽く顔を向ける程度でした。
中よりやや低めと判断できました。
散歩に出ない方が見えましたら、コメントください、違う方法
をお伝えいたします。

                              by 空のトレーナー

---------------------------------------------------------------


ワタシがよく確認せず寝ている空豆に試したことをアップしてしまい、
皆様と愛犬に誤解を招きましたこと、大変申し訳なく、
先回記事のコメント欄でも書かせていただきましたが、
ここに再度、お詫び申し上げたいと思います。
誠にすみませんでした。
深く反省するとともに今後このようなことがないよう気をつけたいと思います。

ですので皆様、何卒お許しくだされ〜。
以後もよろしくご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

                          
                                            空豆母




と、みそぎが済んだところで、

P1040507.JPG「全然済んでません」



す、すみませんっ。



先ほど先生も言っていたが、
その後再度試してみた空豆はというと・・・


本日のトレーニングでお散歩訓練中に先生が背中をぐいっ、と。
空豆ちょっとビックリ気味に振り返る。

あら、なんだ、振り返るじゃない。でも振り返るだけか。

家族に「超低い」のレッテルを張られていた空豆、ま、よかったとしよう。

P1040503.JPG「アナタの間違いだったんでしょ」



ご、ごめんなさい。



でも、でもっっ!

やはりコイツは中よりちょと低い。

・・・やっぱり。

以前にも言われていたのでワタシはそんなにショックではないぞ、ショックでは・・・うぅ。


確かに空豆はドンくさい。


P1040354.JPG「ワ、ワタシが?」



そうよ。



散歩の時に何度側溝に足を落としたことか。
よそ見をしながら歩き壁にぶつかったこともあった。
ぐいぐい引っ張るのでちょいとリードを緩めた瞬間、前につんのめっていた。

向こうに見えるワンコに気をとられ
すぐ傍を通るワンコに気がつかない。
本人の目の前でボールを上に投げるとなぜか左右に首を振り探す。
投げたふりをしたボールをマジメに捜す。


でも、


そこはバカ親代表なワタシ、そのドンくささがとっても可愛いの。
空豆が名犬になったらなんだかつまんなーい。

P1040254.JPG「思いっきり言い訳に聞こえますよ」



わ、悪いっっ?



P1040483.JPG「開き直られても」



そうだ、そのドンくささに敬意を表して
これから彼を「ドン、空豆」と呼ぼう。(「ドン=首領」ではありません。)



P1040436.JPG「丼ぶりのドン?」




それでもいい。





                                
ニックネーム 空豆母 at 23:37| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

タメになる話 :その2

ブログネタが尽きてくると他人任せにしてしまうワタシをお許しください。

今回は空豆の先生からこんなお話をいただきました。
「へぇ〜」でした。

ではどーぞ。

P1040288.JPG「どーぞ」


-----------------------------------------------------------------


さてさて、今回のテーマ、センシティブ(感受性)について。
今回はボディーセンシティブのことをまとめてみました。

高い・・・触っただけで体をびくつかせ、背中の皮を軽くつまむだけで、悲鳴をあげ、嫌がる。
すこぶる高い場合は、悲鳴とともに怪我をするほど激しく噛み付いてくる。
ここまで高いと改善するのはほぼ不可能である。
ただし、支配性があり攻撃性で噛み付いてくる場合と間違えやすいが
悲鳴を伴わない場合は大体支配性によるものと考えられる。

中程度・・・背中の皮を軽くつまむと、身をよじって口をあててくるが
怪我をするようなことはない。
多少の悲鳴を伴うこともあるが、びっくりしてという感じである。
一般的な犬たちはここに含まれる。

低い・・・背中の皮をつまんでも無反応。もしくは何かしてる〜?くらいの反応。
一見とてもメリットありそうだが、散歩のときに引きが強いときにリードや首輪、ハーネスにショックをかけても無反応に近いので修正が難しく、
かなり強くしつけを入れないと引きずられて怪我をする原因になりかねないので
プロのアドバイスをしっかり聞くことが必要である。

と、いうことで参考にして自分のわんこは、どれかな?
と確かめてみるのもいいかも。

                                        written by 空のトレーナー                                      

-----------------------------------------------------------------


ありがとうございました。

空豆の先生はやはり訓練士だったようです。

P1040425.JPG「だからそうだって」


ネタ切れが早いワタシなので
次のネタも考えておいてください。


P1040427.JPG「迷惑なハナシでしょうな」




ま、いいじゃないの。(よくない)




で、空豆にさっそく試してみた。

無反応。そのまま寝ているよ・・・。コレはまさしく「低い」の部類だ。
もしそうならば一見よい子ちゃんだけど
すんげ〜困ったちゃんじゃないかっっ!
ど、どうするんだ!?


そういえば初回のトレーニングの時に先生がおっしゃっていたなぁ。
「この子はリードを強く引いてもあまり気にしない」と。

P1040248.JPG「リード?」



それじゃないから。



その時は訓練中の先生のリードの引き方が強いの見て
母は「そんなに強く引かんでも」と思ったものだった。

その時ワタシはバカだった。(今もだろ)

先生、アナタは昔から正しい。

あ、当たり前でした。
毎度のことながら失礼いたしました。

P1040326.JPG「母、浅はかでしたな」



うー。



優しくて穏やかな性格のワタシに(ウソをつくな、ウソを)
強く厳しいしつけができるだろうか?
不安だ・・・

そうだ、先生に丸投げしよーっと。

え?それじゃ、ダメ?

ワンコ初心者の試練はやっぱり続くらしい・・・うぅ。


ま、でも今さら焦ってもしょうがないな。
師の教え「楽しく」でお気楽にやろうっと。


P1040334.JPG「いつもお気楽ではないですか」



オマエだけじゃ。






                                
ニックネーム 空豆母 at 20:14| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする