2007年11月29日

バカ親です


ご無沙汰のトリミング。

先回は9月だったのでさすがにボサボサ。
毛が伸びすぎて目が隠れそう。


       P1080386.JPG BossaBosa


ここまで伸びたらこのまま年末までガマンしてもらおうか、と思ったが
空豆が伸びた毛で前が見えなくなり、コンニャクの角に頭をぶつけでもしたらタイヘンなので
やっぱり行ってきました。

今回も頭のてっぺんの毛は残してもらいちょいモヒで。


       P1080394.JPG ぅ、

       P1080395.JPG ぅ、


うぉー、うぉー、いつにもまして可愛いぞー。(限界知らずのバカ親)

そしてリボンが外れた後。
  

       P1080415.JPG ぅ、

  P1080412.JPG ぅ、

       
うぉー、うぉー、リボンが外れても可愛いぞー。(限界のないバカ親)

これで年末年始も可愛い空豆でいられそうだ。(ただのバカ親)


          P1080400.JPG 「・・・・・バカ」



実は楽しいバカ親業、なのよ。



そしていつものように疲れた空豆。
  

       P1080418.JPG 「やっぱり疲れた」




ご苦労サマでした。




                                                               

ニックネーム 空豆母 at 21:16| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

風景



P1080377.JPG 空豆の「くまさん」入れ。(正しくは「おもちゃ」入れ)


おもちゃの入ったカゴがリビングのソファの陰に置かれてある。

空豆が来てから復活した風景だ。

あちこちにおもちゃが転がっているのもその風景の一つだし、
洗濯した空豆の小さな服がベランダで干されているのもその一つ。


子らが小さい頃はおもちゃが散らかっているとため息が出たものだった。

がしかし、今ではそこら辺に散らかっているおもちゃを見ていると
なんだか嬉しくなってしまう。

空豆の服を干す時も気持ちがちょっぴりあったかくなる。

そしてワタシは勘違いをする。
ワタシの子はまだ小さいの。
だからそう、ワタシはまだ若いママなのよー、と。


P1080117.JPG 「図々しいですね」


オバさんは元来図々しいのよ。


空豆の汚れたトイレシートを取り変えたり、ウンP等の始末もイヤではない。

片付けながら「んもぉ〜、しょうがないなぁ〜♪」なんて言っても「♪」が付くくらいの余裕がなぜかある。

どれもこれも楽しい、とまではいかないが
ぜんぜん嫌ではないのよ、コレがまた。


実家父母がまだ健在だった頃、小さな1号を連れて帰省すると
小さい子が一人いるだけで家の中が明るくなる、と言っていた。

あら、そしたら今のワタシは実家父母、世間で言うジジババの心境と一緒ってこと?


P1080159.JPG 「間違いなく」


ち、違うわよっっ。


でもやっぱり確かに違う。

世の祖父母には孫は可愛がるだけ、という特権がある。責任はもちろん親。
しかし空豆には可愛がるだけ、もするものの責任所在はワタシら家族にあるのだ。


うーん。


子でありながら孫のような空豆。不思議な存在。ゆえにワンコなのだろうか?


奥深し、Dogs.


そして


絆も深し、Dogs.



P1080341.JPG 「Dogsです」



・・・何の動物ですか?



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


P1080370.JPG  

今年も空豆にセーターを編んでみた。

家にあった毛糸で編んだ。
途中で量が足りなくなった。
着丈が短くなった。
タートル部分の折り返しが出来なくなった。
挙句に昨年編んだ物とさほど変わらないデザイン。

いつにも増してテキトーな出来となった。

P1080366.JPG テキトーがわかりずらいように似た色のカーペット上で撮影。


P1080372.JPG 「そんなセーターなんですか・・・」



そんなセーターよ。



P1080385.JPG 「来年は編まなくていいですから」




編むから。



                                
ニックネーム 空豆母 at 20:39| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ヒーター犬


ファンヒーターを出した。

昨年空豆がヒーター犬になったのは春も間近な3月頃だった。

しかし今年はいきなりヒーター犬。
そよそよと温風に吹かれている。


P1080286.JPG  P1080287.JPG


あら、今年は出遅れなかったわね。


空豆が温まっているとやっぱり来ました、ヒーター少年2号。


P1080292.JPG 「ちょっと」

P1080296.JPG 「邪魔なんですけど」

ヒーター3.JPG 「しょーがねーな」



ヒーター兄弟。

仲良くぬくぬくしなさいよ。



バリケンにもマットを敷いた。

気持ちいいのか最近は気がつけばバリケン。


P1080309.JPG 「気持ちいいかも」


冬支度ばっちし。

空豆2回目の冬、元気に過ごしておくれ。



P1080305.JPG 「過ごせそうです・・・Zzz」
          



                                
ニックネーム 空豆母 at 22:56| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

くまさん


我が家では空豆のおもちゃを総称して「くまさん」と呼んでいる。

P1080318.JPG P1080320.JPG P1080325.JPG
   コレはもちろん        コレも            コレすらも



すべて「くまさん」です。



以前空豆が気に入っていたぬいぐるみが「くま」だった。
遊ぶ時に「くまさん持ってこい」というとそのくまさんを持て来るほど思い入れのあるおもちゃだったようだ。

しかしその後くまさんが寿命を迎え天に召され、さて代わりのぬいぐるみを使って遊ぼうか、と思った時に
ワタシは新たに「コレがミッキーだよ」とか「ソレがウサギだよ」とか
いちいち教えることが面倒だったので
そのまま全てのおもちゃを「くまさん」で片付けてしまった。


P1080160.JPG「な、なんて無責任な・・・」



そこは所詮空豆母。あきらめておくれ。


なのでおもちゃは全て「くまさん」。


今日も元気に「くまさん持ってこい」。








見る限り「くまさん」でなんら問題ナシ。



    P1080141.JPG 
          「コレ、ホントに“くまさん”ですか・・・?」




信じる者は救われる。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



本日姫ちゃんご訪問。




   P1080317.JPG




可愛い♪




                                



ニックネーム 空豆母 at 21:36| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

チョンボ


日曜日の朝。

子らの予定も雨で中止に。
なーんだ。せっかく早起きしたのに。

ゆっくりと朝食を取り、新聞に目を通し、洗濯機を回た後にワタシはソファに腰をおろした。
そしてボーっとTVを眺める。

久しぶりにのんびり過ごす朝。
でも・・・


ヒマだわ。


ふと辺りを見渡すとヒマそうなヤツがもう一人いた。↓

P1080165.JPG 「イヤな予感は気のせいですか・・・?」


いーえ、気のせいではありません。

ちょっと遊ばせてください。


以前からPIG&MILちゃんず晋作くんのチョンボ姿を見て
いつか空豆も・・・と思ってはいた。

しかし毛がまだ短い。
それでもまだまだ彼らのチョンボには及びはしないが
ムリヤリしてみました。「なんちゃってチョンボ」

せっかく結ってもわかりずらいが、ま、こんなカンジ。

1チョンボ↓

P1080165.JPG

P1080243.JPG P1080272.JPG 

2チョンボ↓

P1080251.JPG  P1080252.JPG


空豆父はチョンボ姿の空豆を見て

「きのこが生えた」と言った。

きのこが生育する場所って・・・うぅ、想像したくないぞ。


もっと伸ばしていつか大きいきのこに・・・いやいやチョンボにしたいものだ。


P1080257.JPG 新種“空豆茸”?




ま、この際きのこでもいい。



                                
ニックネーム 空豆母 at 22:02| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

1年経過


ウチのトレーナーはオバさんだ。


P1080161.JPG 「え?そうだったんですかっ?」


そう、あれは世を忍ぶ仮の姿・・・・・って、違います。

れっきとした男性である彼をなぜオバさん呼ばわりするかというと・・・


P1080114.JPG 「いうと?」


トレーニングを行う場所に行く道すがら出会うワンコ連れに
「元気ですねぇ。おいくつですか?」とか
「毛艶がいいですね〜」とか正真正銘のオバさんであるワタシ以上に話しかける。

そこでワタシが「こちら犬の訓練士さんなんですよ。」と言うと
多くの飼い主様はこんなことやあんなことをするんで困ってます、みたいな話をし始める。

そうすると

始まりましたよ、「空のトレーナーによる井戸端系しつけ教室」が。
多い時で3、4人の方の相談に乗る。時に田んぼのど真ん中で。
人がいいのか、ただの話好きなのか。
ま、ワタシも勉強になるのでその井戸端に関しては大変ありがたいが。

愛犬の悩みでお困りの方、
田んぼで茶色いコッカプー連れのオバさんと青年(見た目だけ)を見かけたら
声をかけてください。
きっとお役に立てるかと思います。

        
           P1080196.JPG いつもお世話になってます。


そんなトレーナー↑とトレーニングを始めて先月で1年経っていた。

あらま。

こんなふざけた飼い主とすっとぼけた犬と一年も付き合えるなんて。
たいそう奇特な方。


そもそも当初はせいぜい2,3か月か?くらいに思って始めた空豆のトレーニング。

がしかし、2,3か月の期間で上手にしつけが入るようになったとしても
その後にトレーニングをピタッと止めてしまえば元の木阿弥、となる。

前世は確実に「ナマケモノ」だったろうと思われるワタシが
その後のトレーニングをサボるのは目に見えている。

ちなみに「ナマケモノ」→ 450px-Bradypus.jpg


そんじゃ定期的にやるしかないか。

で、こう思うことにした。

空豆のトレーニングはワタシの習い事。

そう、定期的に通うお茶やお花の教室でお稽古をするのと同じように考えよう、と。
定期的にトレーナーにしつけの稽古をつけていただき、同時に犬についての知識も学ぶ。
そして空豆には今どきのお子様同様、学習塾に通っているのだ、と思ってもらうことにしたのだ。


P1080156.JPG 「なんか勝手なような気が」



ま、いいじゃないの。



とは言うものの、日頃家でのトレーニングをろくにせず、
トレーナーに来ていただいたその日だけする、というワタシの勝手なノリはさすがにトレーナーに対し失礼かな?と思いその旨を正直に話すと
彼はそれでもぜんぜんいい、と言う。

あら、そうですかね?

“細く長く”は彼の信条の一つだそうだ。
なので遠慮なくチマチマと気長にやっていくことにした。

でもココだけのハナシ、ワタシが続けられる最大の理由。

それはトレーナーの料金設定がリーズナブルであるところ。
これって一般ピーポーにとっては大きいのよね。ありがたや。

と、そんなこんなで今に至っている。


今日も元気に夕暮れ時にトレーニング。

P1080185.JPG 夕焼け空


時に厳しく時に優しく、それでも楽しく笑って受けられるトレーニング。

トレーナーが一緒の五月晴れさんも先日ブログで仰っていたが
ありがたい存在であることはワタシも同じ。
感謝してます。


でもあえて老婆心ながら言わせてもらうと

コメントでのおバカ丸出しはホドホドにしないと今後の仕事に差し支えますよ。
お人よしで大メシ食らいってことは秘密にしておきますから、お気をつけあそばせ。



P1070875.JPG 「言いたい放題ですね・・・」



次回のトレーニング、来ないかも。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


トレーナーに遊ばれる空豆。


P1080197.JPG 「えっと」 

「何するつもり?」 P1080201.JPG

P1080205.JPG P1080206.JPG 「・・・・・」


P1080208.JPG 見事にビキニ

P1080210.JPG フンドシも決まってる



        コピー 〜 P1080213.JPG 「完全に遊ばれてます・・・」




                                
ニックネーム 空豆母 at 22:45| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

いつの日か


家ではストーカーのごとくワタシの後を四六時中ついて回る空豆。


トイレはもちろん、キッチン、ベランダ、玄関、浴室・・・
いちいち撮ってみた。


トイレで.JPG at the restroom

キッチンで.JPG at the kitchen

ベランダで.JPG at the verandah


玄関で.JPG at the entrance


浴コで.JPG at the bathroom


掃除中もご丁寧に各部屋へついて回りベッドに乗り待つ。
これもいちいち撮ってみた。


1号部屋で.JPG 1号の部屋を掃除中は1号のベッドに伏せて待つ。

2号部屋で.JPG 2号の部屋を掃除中は2号のベッドに伏せて待つ。

寝コで.JPG ワタシらの寝室を掃除中はワタシらのベッドに伏せて待つ。



見てるなら手伝え。



P1080132.JPG 「ヤダ」



うー。



そりゃ、空豆は何よりーも、誰よりーも可愛いのは確かだが
ああやってチョロチョロついて回られたんじゃ危ないったらありゃしない。
何度アイツの足を踏んだことか。

それでもついて来る空豆、今では踏まれることに慣れたみたいだ。
そして母は踏むことに慣れた。

P1080151.JPG 「慣れないでください」



そう?



いつでもどこでもついてくるワンコは多い、という話は聞く。

ワンコ飼い経験者の友達は「ついてくるうちが花」と言う。
そのうちついて来なくなる日が来るのだという。
そうなるとけっこう寂しい、と。


ストーカー空豆にそんな日がホントに来るのだろうか?


でも


もしそんな日が来たその時は
ワタシがストーカーのごとく空豆へついて回っているのかもしれない。


P1080168.JPG 「やめてくださいよ」



オマエに言われたくはないが、しない自信はない(キッパリ)。



P1080121.JPG 「あきれた」




バカ親Forever。



                                                                                                
ニックネーム 空豆母 at 16:38| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする